--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/26

持ち手あれこれ


先日から使っている紫革。
色も質感も最高に気にいっているのですが
唯一、非常に漉き難いのが難点です。

さらに、元々薄めで硬い革だったので、あれこれ加工するのが難しく
持ち手のところまで来て泣かされています

一応作ってはみたけれど・・・
なんだかんだ納得がいかなくてこれは3本目。

20130526_2.jpg

20130526_3.jpg



柔らかい革だったら、いつもは平ベッドで縫っていて問題ないのですが
この革は全然全然伸びてくれないので、裏にシワが寄らないように腕ミシンで
カーブさせながら縫製しました。
なのでこの形のままとどまっています。

20130526.jpg


ね?つるっとしています。

20130526_4.jpg

持ち手の作り方は色々ありますが
この革はガラ紡を入れた持ち手には向かない・・・
パツパツに入れてもシワが寄ると思います。

切りっ放し、3枚重ねの持ち手も考えましたが
このボストンにはどちらかというとソフトな印象の方がいいなぁと思って
頑張ってヘリ返しにしてみたのでした。
革漉き機、欲しいなぁ。

3本目で何とか使える持ち手にはなりましたが、でもまだ納得がいきません。
縫う位置が悪くて、裏の縫い目が思ったより内側に走ってしまいました。
裏に貼った革は、ギリギリで縫うと縫い落としやすいので
気をつけていたら内側になりすぎてしまいました^^;
あと1mm外側に縫いたい。

強度や使い心地は全く問題ないのですが、単純に見た目の問題です。
貴重な革ですが・・・(涙)もう一度作り直そうと思います。

このボストン、もう作り始めて1週間経ってしまいました
頑張って完成させなければ!

今更持ち手でこんなに苦労するとは思いませんでした。
まだまだ勉強!頑張ります!^^


失敗に負けるなーっ!ポチっと!
rankingbanner.gif
いつもありがとうございます♪

line.jpg


shopbanner.jpg
メルマガ登録も再開しました。
スポンサーサイト
制作日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。