--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/07/24

がま口作品


昨日はブログを更新した後、カーテンの採寸ぐらいしておこうと思ったのですが
あえなく睡魔に負けてしまいました。

ところで、がま口キットや型紙をお買い上げ下さったお客様より
作品のお写真を頂いておりますのでご紹介させて頂こうと思います。

皆様ステキに作ってくださって感激です!

まずはこちら

STOFのアジサイリネンで作って下さいました。

gama1.jpg

とてもキレイに作っていらっしゃるので、慣れた方かと思いきや・・・

なんと!
このがま口が初がま口とのこと!

ブラボー

どうもありがとうございました!


お次はこちらです。

RIMG51897.jpg

なんと素敵な!

貴重なパンジーリネンを使って作って下さいました。

RIMG51979.jpg

サイドも美しく決まっています!


ありがとうございました!


それから、ブログにUPして下さった方のご紹介です。

palace・・・yuzuさんのブログです。

贅沢にアンティークレースをあしらって下さいました*^^*

初めて作っていただいた方から
がま口に入れる作業が難しいというコメントを数件頂いています。

そうなんです。

最後の仕上げで、緊張しますし力もいりますので
大変なんですよね^^;

いくつか作るとバランスの取り方なども慣れてくると思いますが
どうしても難しい場合はキルト芯などの柔らかい芯で作っていただくと
かなりはめ込みやすくなります。

また、はめ込む際はがま口の形が崩れたって大丈夫。
気にしないでガシガシはめ込んでください。

ボンドが乾いて完成した後、アイロン(中温)で形を整えて頂ければキレイになります。
口金についたボンドも後で取れますので多少ついちゃっても大丈夫です。
(布にべっとりはみ出すのは厳しいですが)

コツはとにかくしっかり奥まで入れ込むこと。

紙紐の太さは、口金の溝と使う生地のバランスを見て適切なものを選ぶこと。

途中でカパっと外れてしまうようでしたら、片方だけまずしっかり入れ込んでしまって
口金の端をしめて固定してしまってから、もう片方を入れると外れません。

その場合は片方の口金の端をしめる前に、本体と口金のバランスを見てください。

また、ドライバーで怪我をされませんよう十分ご注意下さいませ。



最後にいつも仲良くさせて頂いているtamaさん

tamaさんはお仕事をしてジムにまで通われていると思えないほど
作業がすばやいので(うらやましい!)
既に2つも作ってくださいました。

tamaさんは腕ミシンや業務用(?)の刺繍ミシン、工業用ミシンもお持ちの本格派です。
(うらやましすぎる!)

どうもありがとうございました!



それと、スライサーや口金についてたくさんのお問い合わせありがとうございました。

今回のがま口キットに使用させて頂いたスライサーは

ゆうらぶさん
の0.6mmシールタイプです。

口金は角田商店さん
のF61(13.5cm)がま口口金ATSです。


また、いつでもご質問等お待ちしております♪


今日こそミシンを踏むぞ~!ポチっとね。
rankingbanner.gif

スポンサーサイト
制作日記 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
リンク貼ってくださってありがとうございます。
皆さんいろんな生地で作っていらっしゃるんですね。

私もきれいに作れるようがんばります。
刺繍の飾り布もいろいろ考えて。

下のRITAのいすも素敵です。
私の家には似合いませんが・・・笑。アトリエには程遠く、町工場のミニ版。町工場といえるくらいの作品作らないと・・・笑。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。