2011/06/21

発送の予定とQ&A


今日は暑かった!

天気予報では30度くらい?と言っていましたが
実際はもっと暑かったような^^;

どんなに打ち水をしてもすぐに乾いてしまいます。

午後から近所のママ&子供たちと遊んだのですが
あまりの暑さに水浴び大会になりました。

大人たちは日陰でグッタリ。

暑さで痩せないかなーとチラっと期待しましたが
残念ながら夏バテというものに一度もなったことがないので
今年の夏もたくさん食べるでしょう。

丈夫な内臓が憎い今日この頃です。


さて、がま口キット発送の件ですが
大変お待たせしております。

今週末までに全てのご注文の発送を終えるべく
せっせと作業を進めています。

週末には必ず全てのお客様に発送させて頂きますので
もう少々お待ちくださいませ。

お待たせして誠に申し訳ございません。

Blossomトートのカラーオーダーをご注文下さったお客様へは
別途ご連絡いたします。

何卒よろしくお願いいたします。



◆がま口の作り方のご質問等を頂いておりますので
近日中にQ&A形式でまとめようと思います。

実際に作って頂く過程でご質問等ございましたら
お気軽にメールにてご連絡くださいませ。


** 現在寄せられているご質問 **

Q1.内袋の縫い代は割るのでしょうか?片側に倒すのでしょうか?

A.今回は内布に芯を貼らず、薄く仕上げていますのでどちらでもOKです。

バッグなど、内袋も芯を貼ってしっかりさせる場合は縫い代を割りますが
今回はそうもたつくこともありませんので、私はマチの方に倒しています。

本体は芯を貼って厚くなっていますので、必ず縫い代を割って下さい。



Q2.内袋と本体を縫い合わせる時、ミシンで縫ってもいいでしょうか?(V字部分)

A.もちろんミシンでもOKです。

ただ、私は面倒くさいので手縫い5mm幅ぐらいでザクザク縫っています。
(半返し縫い)
ここはひっくり返した後、ミシンで上から縫いますので
ラフに縫っていただいてOKです。



Q3.レースの縫い付け方について

A.レースを縫い付ける場合、ハンドメイドのアンティークレースであれば
私は大体手縫いが多いです。
風合いを損ねない為です。

ただ、マシンメイドのものや直線がしっかりしているものなどは
ミシンで縫いとめます。

ミシンで縫いとめる場合はレースの裏側に、乾くと透明になる手芸用ボンドを
ほんの少しちょんちょんと数箇所につけて仮留めしてから縫うと
ずれにくく、縫いやすくなります。

もしボンドが乾いてからレースを取りたい場合は
無理に引っ張ると跡が残ったり、レースが痛んだりしてしまいますので
霧吹きで水分を含ませてボンドがゆるくなってから取ると取れやすくなります。
ただ、生地にはボンドの跡がつくことがありますので
まずはマチ針でレースをとめてバランスを見て
心が決まってからボンドでとめます。



Q4.使用する針の号数・糸の太さについて

A.今回のがま口は針は11番・糸は60番の太さで縫っています。

本体を縫う時は14~16番の針・30番の太さの糸でもOKですが
内袋を縫うときは11番の針・60番の糸ぐらいが最適です。





ご質問はお気軽にお寄せ下さい。
お待ちしています♪
rankingbanner.gif







スポンサーサイト
制作日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示