--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/26

裏の付け方 *ポーチ編*

バッグやポーチの内布がガバガバしない様にするには
どうしたらいいんでしょうか?というご質問をよく頂きます。

特に難しいことはなく、表本体より2mm程小さく作るだけなのですが
私の作り方でよければ・・・ちょっとご紹介したいと思います

(いつもの説明下手はご勘弁を・・・


昨日のティッシュケース付ポーチ
この内布も、縫い代を2mm減らして作りました。

バッグやポーチは、表マチと表胴を縫い合わせる時の縫い代は6mmです。
なので、裏は縫い代を4mmで裁断し、縫うのは6mmのところ。

080823_6a.jpg


縫い代は1箇所を除いてすべて4mmにしてしまい、実際に縫うのは端から6mmのところです。

1箇所だけ、ファスナーを付ける入れ口部分だけは8~10mm縫い代を取ります。

4mm・6mm・8mmを測るのに便利なのはパッチワーク用の定規
厚みがあってしっかりしており、片方にステンレスのエッジが付いているので
カッターでの裁断にも使えます。

私が使っているのはCLOVERのSE30とSE50です。
(30センチ用と50センチ用です)


これは縫い合わせてみたところ。
表本体より2mm分小さく出来上がっています。
バッグぐらい大きさがあると、縫い代は6mmのままでいいのですが
今回は小さめポーチだったので、縫い代がもたつかない様
出来上がってからぐるっと少しカットしました。


余談ですが、裏を付けるバッグやポーチは、基本的に縫い代を端処理(ジグザグやロック)する必要はありません。
只、縫い代が表に出るような場合(裏をつけない場合など)
で、布を使ったものは端処理しておかないと糸がほつれてきてしまいます。


080824_3a.jpg


中からみたところ。
形になったら、縫い合わせ部分を内側からゴシゴシとクセつけておきます。

080824_4a.jpg


さあ、次は表本体に縫い付けます

バッグは作り方にもよるのですが、裏と表を一緒にファスナーに縫いつけたりしますが
今回は小さなポーチなので、手縫いでまつり縫いします。

080824_5.jpg

表生地にファスナーを付けた時のミシン目が隠れるように付けていきます。


ぐるっと付け終わったら、今度は上カドの部分と上真ん中部分をちょこっと
表本体にとめつけます。

↓↓↓   この3箇所

080824ab.jpg

今回は小さいポーチなので、ほんとにちょこっと、2~3針です。

080824.jpg


内ポケットをつけた場合は、サイドの部分もちょこっと縫いとめると、ポケットが浮いてきません。


留めつけるかどうか、留めつける場所などはバッグやポーチの形・デザインによっても
変わってきますが、内布を付けてみて、ここが気になるな~
という部分を少し留めつけてみるといいと思います。


また、今回は小さいサイズで、やわらかめのポーチに仕上げたかったので
裏に接着芯を貼りませんでしたが
バッグを作るときには裏地にも芯を貼っています。

そうするとパリっと張りが出て、よりくしゃくしゃになりにくいので
美しく見えます。


表生地も同様ですが、コツは正確に裁断して、寸法通りに縫い合わせること!
今回は裏がダボダボ・・・今回は足りなすぎる・・・
というときには、表本体のサイズが決めた寸法通りにキッチリ仕上がっていないことが考えられます。

例えば一箇所が2mmずれると、どんどん狂っていって
最終的にサイズが変わってしまったりするので(小さいものは特に)
面倒ですが気をつけましょう

(・・・と自分にも言い聞かせる毎日です



今日もポチっとありがとうございます*^^*
rankingbanner.gif
スポンサーサイト
制作日記 | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
おおーっ!!
当たり前といえば当たり前のこと・・・
正確な裁断、そして正確な縫製・・・これがまずポイントなんですよねー。

反省反省・・・

内布を3ヶ所ほど留めつける。
これまた大変勉強になりました。

普段ぐるりと全体にマチのあるポーチは、難易度が高すぎてほとんど作ったことがありませんが、また参考に刺せていただきますです~。
ありがとうございます^^

そうそう、Yukaさんのショップで以前お買い物したボストン。
先日仕事の荷物が多いときに職場に持っていったら、先輩がたに大好評でしたよ♪♪
うふふ♪♪
あ!ほんとだ~!!
一緒e-454と思いました
やっぱり気があうんですよネ
ファスナー近くのまつり縫いの写真は、特にそっくり!!
同じように縫ってたんで、改めて嬉しかったですe-319
私はしつけをするので、裏布のファスナー部分にはミシンかけないだけです
しかも使ってる定規も一緒です♪
パッチワークの道具には便利なものがたくさんですよねっ
でもひとつ、すっごく勉強になりました!
カドカドを表から2~3針ステッチするところです
ちょっとした手間だけど、仕上がりに大きく差が出そうです
さすが我が師e-466

とてもお勉強になりました!
こんばんは!
結局ぺたんこのポーチはうまくいかず、断念してしまいました・・・。

にしても、やはり完成度の差は、見えないところでの、こうした丁寧な作り方にあるのですね。
角のところは2,3針ずつだなんて・・・せっかちな私はいつでもうまくいかないと、力わざで無理矢理進めてるのですから、そりゃあ完成に至らない訳です・・i-229

以前の接着芯のお話やがま口ポーチの作り方の時といい、本当に勉強になります!
お忙しいでしょうけど、またこうして作り方のコツなど、教えていただけることあれば嬉しいです。

ショップも楽しみにしていますね~!



鍵コメKさん♪
おお~!
そうなんです。私も25日の夜に更新しようとしたんですが
できず・・・
サーバー障害で全部の記事が見れなくなってたようですi-202
すみませんでしたi-181

ポーチの裏ですが、一枚仕立てにする場合は
バインディング処理
(バイヤステープで端をくるむ)が
しっかり丈夫に出来るのでいいと思います^^
バッグ編はまた機会がありましたらUPしたいと思います♪
よかったらまた遊びに来て下さいね*^^*
Semiさん♪
Semiさんはいつも美しい裁断・縫製ですよね!
いつも縫い目が美しいアップの写真に見とれてますi-233

マチが別になっている形のものは、ちょっとパーツが多いですよね^^;
縫製に入るまでの準備がイマイチ苦手です。

バッグ愛用してくださってありがとうございます*^^*
私もあとでSemiさんのとこに遊びにいきまーす!
ぴよんさん♪
別マチじゃなければ、カドカドをとめつけなくていいんですけどね!
ちょっと面倒ですが、カパカパしないように・・・

定規おそろいですか*^^*
以前キルトにはまっていた頃から使っていたのですが
バッグの学校でも同じものを使っていました^^

私も、ぴよんさんの”ポケットが横伸びしない縫い方”
これとっても勉強になりました!
ポケットって、芯を貼れば縫いやすくなるけど
あまり厚みがありすぎるのもかさばってよろしくないし
いつも悩むところです。
とんきちさん♪
おお~!気に入ってくださってありがとうございます*^^*
バッグの作り方はほとんど独学ですが
少しでも不安なところは先生に確認してます^^

カーブは縫うの難しいですよね~
いつもマチと胴を縫い合わせるときは緊張します。
でも一度コツをつかめば、しつけもマチ針もなしで
縫えるので楽です^^

マチ別のポーチで、カーブの練習にもなるので
次回は○ポーチの作り方かな?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして
なるほど、よくわかりました。
きれいに仕上げるコツってあるんですね。私もバッグ作っていますが、いつもきれいな仕上がりを眺めていました。とても参考になりました、ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。