2016/12/05

Suttoさん


Suttoさんのご紹介です。
20161205_20.jpg

スットしている中にも女性らしさを。
パターンの随所に微妙なアールを取り入れています。
入れ口も微妙~にカーブしているのがお分かりいただけるでしょうか?^^
底マチに向けたラインもほんのりカーブを入れて
柔らかい印象に仕立てています。


スッとしていますね~。
上マチがないので肩に掛けたとき、体にとてもフィットします。
脇の下にキュッと気持ちよく収まりますよ。
20161205_13.jpg
また、縦長タイプなので体の幅からのはみ出しが少なく
満員電車や人込みの中でも邪魔になりません。

遠い昔・・・OL時代に大きな横長のトートを使ったことがあるのですが
何度舌打ちされたことか・・・笑
買い物していても人にぶつかって「スミマセン」を連発する羽目になるので
すぐ使わなくなってしまいました。

そのトートは結構な大きさで、硬さもあったので使いにくかったのですが
横長でも大きくても、ソフトなものなら大丈夫です♪
横長タイプは見た目の包容力を感じるので私も好きなんですよ。
沢山作ってきたトートの中で
縦長タイプを作ったのは実は2個目ぐらいかも・・・^^;

20161205_7.jpg


底マチは10センチ。
大きすぎず小さすぎず。
スタイリッシュに仕上がるマチ幅です。
20161205_19.jpg
フェミニンなトートですからね、底鋲も小さ目の物をつけました。
底板はいつものベルポーレンではなく
体へのフィット感を大切にしたかったので、カチカチではないけれど
しっかりした厚みの底芯を入れています。
もっと大きなバッグでしたら、ベルポーレンが入っているものが良いのですが
今回はさほど大きなサイズではないので十分と思います。



ムラ染めのアンティーク加工(しぼあり、吟スリ)の革
こちらの写真だと質感が分かりやすいかな?
20161205_18.jpg

吟スリは表面をヤスリがけした革です。
ヌバックとも呼ばれますね。
一般的なヌバックは全体的にしっかりヤスリがけして
スウェードっぽい印象ですが、こちらはそこまでではないので
冬以外にもオールシーズンお持ち頂けるバッグです。

画像の中で、色ムラ以外に傷っぽく見える部分もあるかもしれませんが
これはヤスリがけで起毛した部分が角度によって色が変わって見える為です。
気になる場合は円を描くように指でゴシゴシこすって頂くと毛並みが変わります。
でもこのままの雰囲気でガンガンお使い頂いた方が
アンティーク感があって素敵かなと思います。


内布はRickRackさんのビニコ。
内ポケットは色違いにしてみました。
20161205_2.jpg

あら、タグの糸が飛び出してます(汗)
後で綺麗に処理します。
20161205_3.jpg
縦長のトートですので、ポケットはそれぞれ少し上の方につけています。

20161205_5.jpg


入れ口は片方向のファスナーですが
どちらを表にして頂いてもおかしくないように
両面同じデザインにしています。
右肩に掛けられる方も、左肩に掛けられる方も
ファスナーの向きが気にならずお使いいただけます。
20161205_.jpg
ファスナーは30センチのものを使用しています。


20161205_6.jpg


さて、気になるSuttoさんの収納力について
続きを書きたいのですが・・・ごめんなさい。
睡魔が・・・・!
うぐぐ、今日は勝てません。


続きは明日~(=_=) ZZZ・・・



↓ポチっとお願い致します。
rankingbanner.gif
ブログランキング、いつも励みになっております♪

cat4.jpg

Instagram始めました
制作過程もちょこっとUPしています。
insta.jpg
スポンサーサイト
制作日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示