FC2ブログ
2019/11/04

新作巾着バッグとお揃い長財布



三連休、いかがお過ごしでしょうか?
まだ被災地では大変な思いをされている方も多いかと思います。
せめてお天気で良かった・・・

しばらく雨が降りませんように!!

さて、女工としてのお仕事が落ち着いておりますので
ずっと作ってみたかった巾着バッグを作ってみました♪

革は、巾着バッグに使うんだーいと思って
とっておいた、文字通りとっておきの和歌山レザー

まるでイタリアのエナメルレザーのような美しさ
ソフトでしなやかでシワになりません。
エナメルなのでもちろん汚れにも強く、撥水いたします。

C5B7EBCA-CBB1-441C-A2E9-804AA20854CA.jpg


こだわったのはシルエット!

ハトメの位置、サイズ、マチ幅
コロンとふわっとくしゅっと、美しいシルエットを出すために
型起こし&布の試作で丸2日かかってしまいました。

渾身の力作となっております^^

そして、もう一点こだわったのが4Aファイルが入るサイズであるということ。
A4ファイルを入れても、シルエットが美しいままであること!



↓A4を入れた状態です。

B5AB27D9-7FF2-4D33-8877-C7B778636CE6.jpg


紐ギューッとするの面倒だわ!
という方は、緩めにしておいて頂いてですね
巾着ぽさはそのまま、出し入れ出来ますので
お勧めです。

「あ、なんか良さそうな革の巾着バッグだな。
でも巾着タイプって開閉面倒くさそうだな。

あれ?

紐シュッとしなくてもアリなの??
使いやすそうなうえにお洒落やん!」

と、持っていたらもしかしたら100人に一人ぐらい
気が付いてくれるかもしれません(笑)

(さり気なく自画自賛しているのはご了承ください 笑)


詳しくはこちらから☆



さて、この革は120dsという小さ目の革でしたので
(お値段は大きかった ( ゚Д゚))

バッグはこの1点のみで終わりです。
まさに1点物です。

ですが丁度(?笑)
裁断ミスをしてしまったことにより
お財布を2点作れる分の革が残りました。

1点はオーダーでお問合せいただきましたので
1点はショップ用にとヴィンテージパーツをごそごそ・・・

アメリカ製のブラス(真鍮)チャームも考えましたが

IMG_7567a.jpg

IMG_7579a.jpg

IMG_7575a.jpg

IMG_7576a.jpg


最近の気分はこちらのプラスチックやアクリルのヴィンテージアクセサリー♪

キャンディみたいな色や可愛いデザインのものが沢山^^

今こういう感じのアクリルパーツも流行っているので
ごそごそ引っ張り出してきました。

これらはアメリカ製の物も入っていますが
殆どが日本製のもの。

金具も丈夫で、プラ製とはいえ
良い物が作られていた時代のものですね~

IMG_7559a.jpg

20161129_5.jpg

20161129_6.jpg


このピンクのキャンディみたいなネックレスは自分用^^

真ん中の薔薇のボタンが素敵なブレスレットは作家さんの作品です♪

ああ、また脱線癖が。

で、色々パーツをごそごそしてたらですね
丁度よさげなもの発見ー!

IMG_7563ab.jpg

長さ的に元はベルトだと思います。
金属部分がかなりしっかりしているので
アクセサリーバッグの持ち手としても使えそうです^^

で、こうなりました。

FDD78394-2A83-4AC9-9E8D-FACB086D3E04aa.jpg

A52C6ADE-2278-4E4C-A242-F5A5AAAE978Faa.jpg


今回は三方ファスナータイプのお財布です。
中身は日本の職人さんがひとつひとつ作ったもの。

結構がばっと開きますので使いやすいですよ^^
(ひとつ自分用にも愛用中)

IMG_7557_20191104023533c4a.jpg

中は合皮なのでお買い得な価格でご提案できます。

最近の合皮は質が良く
中には本革より高い物も・・・
また、合皮は薄く柔らかいのでカードの出し入れはしやすいです。

とても使いやすいのですが
去年このお財布を作っている職人さんが引退されて
今在庫として持っている分(10個ぐらいかな?)が終了です。

縫製は完了していますので
あと2,3個閃いたら作りたいと思います。

オーダーの分は金具がまだ到着しておりませんので
もう少々お待ち下さいませ^^

ではまた~


↓いつも応援ありがとうございます!
rankingbanner.gif
ブログランキング、励みになっております♪

cat4.jpg

Instagram
リアルタイムで制作風景をUPしています!
insta.jpg
フォローして頂けると喜びます。
スポンサーサイト



制作日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |